SRO とは何かを解説

SRO (Social Responsibility Outsourcing) について解説します

SRO は、CSR を進化させた次世代の考え方
社会的責任を最大限果たすための
全く新しい SR (Social Responsibility)

SRO とは

SRO  (Social Responsibility Outsourcing) = 企業の社会的責任の外部委託 は、CSR を進化させた新しい社会的責任を果たす手段です。

CSR と SR の違い のページで解説しているように、SR (Social Responsibility) は、企業の経営者の課題だけではなく、従業員やステークホルダーを含めた社会的責任のことであり、一般の消費者にも社会の一員としての責任を果たすように促す考え方です。

つまり、会社の経営陣、または CSR 担当部署で企業の社会的責任を全うするための議論ではなく、全社的、且つ包括的な議論と実行が必要となり、今まで以上に社会的責任を果たすことが難しくなることを意味します。

従来の CSR よりも高度なレベルでの実行が求められるため、既存の CSR の部署を人員増加したり、コンサルタントを入れたりと、人的な要素のみならず、どのようなことが社会的責任なのかを議論する上でベースとなる経験、実績、社会の動きを常に担保していかなければなりません。

ESG 投資 が、欧米を中心に活発になってきている中、SR を中途半端なレベルで行うことは、株主に対しても不利益になるほか、社会からの視線も厳しいものとなり、業績にまで影響を及ぼし兼ねません。

従って、自社内で SR を完結することよりも、SR をアウトソーシング(外部委託)することにより、第三者が自社に代わり、公正・公平な立場で SR の企画立案を行うほか、専門で SR を取り扱うプロ集団が行うことにより、グローバルにも受け入れやすい SR の果たし方が実行されます。

このように、高度なレベルでの実行が求められる SR は、アウトソーシング(外部委託)することにより、より自社と社会が求める姿に近づくことができるのです。

SRO は無責任や責任転嫁ではない

社会的責任を、アウトソーシング(外部委託)することは、いささか、無責任であったり、責任の放置、責任転嫁のように思われる方もいらっしゃいますが、その考え方は誤っています。

社会的責任を最大限に果たしたいからこそ、プロに委託するわけであり、社会的責任を真正面から受け止めている証拠にもなります。

また、SRO を請負う業者に、全てを任せるわけではなく、自社の従業員に対して指導が必要な場合は、従業員同士でもめ事にならないためにも、外部委託先から指導が公正・公平に入ることはもちろんのこと、プロが全従業員のために、全国を駆け回り実地指導するケースもあります。

SRO は、一方的なお任せではなく、企業と SRO を請負う会社が二人三脚で進めていく、新しいカタチの SR (Social Responsibility) なのです。