CSR と SR って何が違うの?

CSR と SR は、C があるかないかでだいぶ意味合いが変わります

CSR から C を取り除いたのが SR

CSR(Company Social Responsibility) は、企業の社会的責任として認知されてきました。CSR は、主に経営層からトップダウンで、CSR を管轄する部署に一任し、植林や寄付など、企業が果たすべき責任を担っていました。

SR(Social Responsibility)は、CSR から Company を取り除いた概念です。つまり、経営層の意志だけではなく、従業員やステークホルダーを含めた総合的な社会的責任を果たすという、CSR を拡大した社会的責任の考え方となります。

詳しくは、SR とは のページをご参照ください。